質屋に来た威勢のいいおばちゃん

質屋に来た威勢のいいおばちゃんと若いスタッフとのやりとりを、本サイトが解説を交えて独占公開中。

質屋との付き合い方

質屋に来た威勢のいいおばちゃん

若い質屋のスタッフの奮闘をテレビの特集で見ることがあります。

堂々とした体格のいいおばちゃんが大きな袋から5個も有名ブランドのバッグを取り出します。

品物は質屋の若いスタッフの前に並べられ、査定が始まります。

ブランド品バッグの購入時に付属する箱、収納布袋、ギャランティカード、付属のポーチやカデナ(鍵)があると査定が上がります。

質屋の若いスタッフは次々に高級バッグをチェックしていきます。

髪の毛や糸くずなどのゴミは掃除機できれいに吸い取り、柔らかい布でからぶきしましょう。

少しお手入れをするだけで、買取のときの印象が違います。

質屋の若いスタッフの出した査定額は320万円でした。

おばちゃんはそれを聞くと、もっと高くして、350万円にして、350万円にしなかったら売らないで持って帰ると言います。

質屋の若いスタッフは少し困ったような顔をしますが、結局おばちゃんの要求に折れて品物と引き換えに350万円の現金を渡します。

おばちゃんは、ありがとうと質屋のスタッフにお礼を言い、ニコニコしながら帰っていったのでした。

質屋は、おばちゃんにお得意様になってもらうことを考えて350万円にしたようです。

質屋と客のやりとりには、様々なドラマがあります。

《 関連情報 》
日本弁護士連合会

Copyright (C) www.metateque.com. All Rights Reserved.

質屋との付き合い方